ルーフェンの電気代や騒音レベル、臭いなどは?乾燥式生ゴミ処理機の特徴について確認

目次

ルーフェンの電気代は安くて高コスパな生ゴミ処理機

ルーフェンは電気代がとにかく安い製品です。

一般的に乾燥式の生ゴミ処理機は電気代が多くかかる特徴がありますが、ルーフェンの場合はこのデメリットが解消されています。

ルーフェンには独自の空気循環システムとオート温度調整AIがあり、消費電力は50〜130w、送風時10w、平均90wでノートPC以下です。

電気代は約20円/日とかなり抑えられています

ルーフェンの仕様として、内部温度が約50度に到達すると電力を遮断し熱を再利用します。開始後8時間で自動送風モードに切り替わり、待機電力レベルの10wまで電力を抑えるため、スイッチを入れっぱなしでも安心の仕様となっています。

主な乾燥式の生ゴミ処理機の消費電量を比較した結果は以下のとおりです。

製品名ルーフェンパリパリキューパナソニック MS-N53
消費電力50〜130w
送風時:10w
300W
ヒーター出力安定時
800W
定格消費電力

上記のように、ルーフェンは他の乾燥式と比較してもかなり消費電力が少ないことがわかります。

電気代の安さはルーフェンの良い特徴と言えます。

ルーフェンは静音設計で静かな生ゴミ処理機|騒音レベルが低い

ルーフェンは騒音の面でも優れた特徴があります。

ルーフェンの音圧レベルは30dbという数値であり、これは深夜の郊外レベルの静けさです。

一般的に生ゴミ処理機は騒音が気になる製品が多いですが、ルーフェンはこの点が改善されています。

近所に騒音で迷惑をかける心配はなく、寝室から近い場所においてもほとんど気になりません。

赤ちゃんがいるような家庭でも問題なく使える静音設計です。

主な乾燥式の生ゴミ処理機と騒音レベルを比較した結果は以下のとおりです。

製品名ルーフェンパリパリキューパナソニック MS-N53
音圧レベル30db約36db42〜44db

上記のようにルーフェンは乾燥式生ゴミ処理機の中でも静かな設計となります。

生ゴミ処理機の音が懸念点と考えている場合でもルーフェンは良い選択肢の一つと言えます。

ルーフェンは臭いが抑えられた生ゴミ処理機

ルーフェンは臭いの面でも優れた特徴がある生ゴミ処理機です。

一般的な乾燥式の生ゴミ処理機では臭いが気になるケースも多くあります。

ルーフェンでは活性炭フィルターと99.9除菌のW効果で強力消臭の機能があります。

そのため、臭いもあまり気になることがなく使用することができます。

その他のルーフェンの特徴は?

その他にもルーフェンは使いやすい特徴があります。

ルーフェンおおよそ4人家族ぐらいを想定した容量となっています。

だだし、1回の推奨投入量は150〜300g、1日の最大処理容量は1kgとなるため、実際には比較的多くの量を処理することが可能です。

また、ルーフェンは運転中も生ゴミを追加することができます。ゴミ箱感覚でポンポン放り込める特徴があるため追加で生ゴミが出た場合も使いやすい製品です。

悪い特徴はある?

ルーフェンの悪いと言える特徴はあまり多くありませんが、いくつかあります。

その一つが値段です

ルーフェンは税込で60,192円は決して安い生ゴミ処理機とは言えません。

ルーフェンパリパリキューパリパリキューブライトパナソニック MS-N53
60,192円49,500円30,360円約90,000円

上記のように乾燥式生ゴミ処理機で比較すると一般的かやや高い方に分類されます。

しかし、前述のようにルーフェンには他の乾燥式生ゴミ処理機よりも優れた特徴がいくつもあり、コスパに見合う生ゴミ処理機と言えます。

一方で、他のバイオ式やハイブリット式の生ゴミ処理機と比較するとやや安い方と言えます。

乾燥式以外(ハイブリット式、バイオ式)の代表的な生ゴミ処理機との比較は以下のとおりです。

製品名ルーフェンナクスルバイオクリーン
価格60,192円123,200円99,000円
処理方式乾燥式ハイブリット式バイオ式
中身を取り出す頻度使用の都度2ヶ月〜1年に1回程度1〜2ヶ月に1回程度
音圧レベル30db
(深夜の郊外レベル)
23.2db連続運転時:36db
脱臭方式等活性炭フィルターハイブリット脱臭複合微生物脱臭
消費電力50〜130w
送風時:10w
約20円/日
60w最大170w
室内設置基本は屋外
販売実績等100万台15万台2万台

ハイブリット式やバイオ式と比べるとルーフェンは比較的安い製品です。

一般的に乾燥式の生ゴミ処理機が安い理由は、機能が劣っていたり、電気代が高い・音がうるさい・臭いが気になるといったケースが多くあるためです。

しかし、ルーフェンは高機能の面の他、電気代、音、臭いの面ではバイオ式、ハイブリット式と比べても劣っていません

その他のデメリットとしては、乾燥式であるため使用の都度乾燥した生ゴミを取り出す必要がありますが、そこが面倒と思わなければルーフェンは非常にコスパの良い製品と言えます。

なお、ルーフェンに関して実際のユーザーの口コミや評判を確認したい場合は以下の記事も参考にしてください。

ルーフェンの口コミや評判のまとめ|乾燥式の生ゴミ処理機のレビューやレポなどの感想

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる