ルーフェンは助成金が使える?生ゴミ処理機の補助金の制度と金額などを解説

今回の記事では生ゴミ処理機のルーフェンで助成金が使えるかなどを確認してきます。

ルーフェンの購入を検討しているような場合は参考にしてください。

目次

ルーフェンは助成金が適用される

結論としてルーフェンは自治体の助成金制度を利用することが可能です。

ただし、注意点として自治体が生ゴミ処理機に対して助成金を導入していない場合は、当然ながら助成金は出ません。

まずは自分が住んでている自治体の助成金制度について確認する必要があります。

例:居住地が東京都の場合

助成金の確認方法として、東京都を例を挙げて確認していきます。

自治体の助成金の有無は色々なサイトで確認できますが、今回は「goo 住宅・不動産」のサイトを利用して確認していきます。

goo 住宅・不動産」に遷移したら「首都圏」→「東京都」を選択します。

このページで区ごとに生ゴミ処理機の助成金の有無が掲載されているため、自分の居住地の区を確認しましょう。

例として、港区では上限が20000円(上限比率50%)までの助成金が出ます。

一方で世田谷区や中央区などは「生ごみ処理機助成制度」が「なし」となっていまるため、助成金はありません。

助成金の確認方法は他の県に関しても同様です。

大阪府であれば、「関西」→「大阪府」を選択して自分の居住地の区・市を確認しましょう。

実際に助成される金額は

前述のとおり、実際に助成される金額は自分の居住地によって変わってきます

ルーフェンは税込で60,192円であり、公式サイトの10,000円offクーポンを適用した想定で計算します。

60,192 – 10,000 = 50,192 円となります。

東京都港区を例にすると、

上限金額が20000円、上限比率が50% であるため満額の20,000円が助成となります。

従って実質的な負担が30,192円となるためかなりお得に購入できることがわかります。

実際は助成の上限金額や上限比率は自治体によって大きく変わり、またそもそも助成の対象でない自治体も少なくありません。

適用となる場合はこのようにお得になるため、事前に調べるのがおすすめです。

なお、実際にルーフェンを購入した人の口コミや評判は以下の記事でまとめています。こちらも参考にしてください。

ルーフェンの口コミや評判のまとめ|乾燥式の生ゴミ処理機のレビューやレポなどの感想

助成金の申請方法

実際の助成金の申請方法についてです。

同様に東京都港区を例に挙げます。

申請に必要な書類は以下のとおりです。

①家庭用生ごみ処理機等購入費助成金交付申請書
②ルーフェンの領収書(原本)

港区の①家庭用生ごみ処理機等購入費助成金交付申請書については、港区公式サイトのオンライン上でダウンロードできます。

下記の通り簡易な内容となるため、記載するのもさほど手間ではありません。

(参照:港区公式サイト

なお注意点として、以下の点が挙げられています。

助成金の交付対象は、次に掲げる要件を備える世帯とします。
・区内に住民登録を有し、生ごみ処理機等購入日から6カ月以上区内に居住する予定であること
・生ごみ処理機等を購入し、区内で継続して使用できること
・過去3年以内にこの助成金の交付を受けたことがないこと
・助成金の交付申請時において、生ごみ処理機等を購入した日から3ヶ月を経過していないこと

ここまでの内容はあくまで東京都港区のルールとなりますが、他の自治体でもそこまで多くは変わりません。

各自治体の詳細を確認して、ルールに則って利用するようにしましょう。

※今回の記事で助成金確認で利用したサイト:goo 住宅・不動産 暮らしデータ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる